旅道楽(東北)

2009年03月05日

先日のかみのやま

駅に着いたのが
ちょうどお昼時だったので


事前に調べておいて
こちらに伺ってみました

515fa1a6.jpg


『楢下宿 丹野のこんにゃく番所』


駅からは車で…15分くらいですかね?


吹雪いていたので
徒歩ではなく駅前でチケットを頂き
片道1500円で行ってまいりました車

帰りは自分で呼ばないといけませんよ


タクシーの運転手さんが
こんにゃく番所でのメニュー表を見せてくれたので(笑)

何が美味しいかを聞いて
コースをタクシーの中で決定しましたよ


そんなここ・・・


懐石料理がメインのようですが
そのすべて


『こんにゃくを使用』


というヘルシーなメニュー

しかし!
ボリュームはかなりあります


1050円から4200円までありますが…
多くても2100円ぐらいが限度かも(苦笑)


ちなみに
私達は1575円のコースにしました


まずは

お茶と洋ナシ入りのこんにゃくみぞれ
一息いれて…
13a28f7e.jpg


実際のメニューはこんな感じでした

・お通し
d7437bb7.jpg


・煮物
066599fe.jpg


・酢の物
0d2ef6f7.jpg


・盛合せ
e53d94b7.jpg


・お造り
1aa99dcc.jpg


・揚げ物
ed473da0.jpg


・こんにゃくそば(又はこんにゃく粥)
c727e66c.jpg
f7f8be8e.jpg


ちなみに
そばは「山菜」か「にしん」を選べます

おかゆは…普通ですね(苦笑)

付け合せのこんにゃく入り海苔佃煮がすごく美味しい!
でもお土産に無い…すごく残念



本当にこんにゃく?と思えるものも
すごく多くあるので食べてみると楽しいかも


驚くことも多々あります
どこにこんにゃくが混ざっているのか…


黒豆煮は豆とこんにゃくとを
探し出すのが楽しいかもしれない(笑)


それと揚げ物のこんにゃくうどんが…
噛み応えがあって大変ですよ(笑)


でもこんにゃくの揚げ物は初で
すごく新鮮でした笑顔


それから・・・
メニュー以外で

・昆布の佃煮(こんにゃく入り)
c7f74977.jpg


・焼き鳥風のこんにゃく
912437f9.jpg


その2品をおまけでいただきました

ホントにすごくお腹一杯
ご馳走様です…






と言いたいのですが
その他にお土産売り場でいただける
玉こんにゃくの引換券までもらえます

c58d8619.jpg


すごいこんにゃく尽くし(笑)



今度良くのならばデザート系

その中でも
こんにゃくパイを食べてみたいかも…


雪がすごくて
あまりゆっくりと見学できなかったけど
それなりに楽しみましたし堪能しましたドキドキ小
e0249823.jpg


<<本日の歩数足跡 8452歩>>


at 22:41│コメント(0)トラックバック(0)

2009年02月27日

さて、やっと食です

この日の「時代屋」さんの夕食


最初に案内されていた場所と変更になりました


そして
変更になった場所がここ

99719287.jpg


自分たちのお部屋の向かい側


一般客室だと思っていたら…
そこが個室でしたよ


机といすがセットされ
後ろには金屏風?!

09277eda.jpg


すごーい!
ひろーい!!


友人ともども歓声を上げたのでした(笑)笑顔


席に着くと
お料理が運ばれてきます

大体…2部構成?ってカンジで
運ばれてきましたね


昔ながらの旅館の出し方という
カンジでしょうか


席で固形燃料で温めるものは
温かく食べられますが…
揚げ物はちょっと冷めてしまっていたかな?


出来立てでないと嫌!
という人にはちょっと向かない(苦笑)?


個人的にはここの個室の場合、

何度も出入りされるより
ゆっくりとできたので問題なしです


で、今回の食事がこんなカンジ

・食前酒:梅酒
2d409365.jpg


・座附:山浅月と烏賊の鱈白子和え
c6b26043.jpg


・前菜:五四季寄せ・網笠柚子・牡蠣の辛味噌和え。木耳チーズ・にこごり・菜の花利休漬け
f39bb285.jpg


・造り:マグロ・帆立・鯛
918c78a4.jpg


・肉料理:山形牛陶板焼き
6c55c1c2.jpg


・煮物:冬野菜のスープ煮
8110218d.jpg


・揚げ物:蟹爪かるかん揚げ・蟹ポーション抹茶衣揚げ・筍玄米フレーク揚げ
5d8be8ac.jpg


・麺物:胡麻だれうどん
a222dde5.jpg


・ご飯(はえぬき)・香の物・椀物:蛤吸い物
61f2667a.jpg


・果物とケーキ
c100877c.jpg



前菜の牡蠣はさすが旬!
辛味噌も美味しく、これは久々にヒットでしたOK
友人が牡蠣が食べられないので
私が2個いただきましたv



筍の玄米フレーク揚げも
香ばしくてこれが良い風味です
温かかったらもっと良かったなー


友人ともどもお気に入りだったのが


煮物ハート矢


洋風な…ポトフといったカンジでしょうか
ベーコンの塊と椎茸ですごく美味しい出汁が出ている

9e02bf9a.jpg
710d0e12.jpg


湯葉も大根も味がしみていて美味しいし…
これはスープもぜひ!という一品でした


ちょっと残念だったのが…お肉かな?
蒸し物と焼き物が同じタイミングで火が入ってしまったので…
食べた時には冷めてしまっていたのですな汗


うーん、同じタイミングではなく
少し時間をずらして火入れの方がいいのかも


思っていたよりも量があって
ご飯にたどり着くころには…


お腹がいっぱいごはん
 うどんもあったしね(苦笑)


ご飯は是非食べないと!!

って気分だったので
一口分いただいて見ました

4424f6fc.jpg


これが…冷めても美味しいご飯
やはり米どころの山形なのだなーと実感しました


もったいなかった…落ち込み


おにぎりにしてもらっても
食べきれるとは思わなかったので断念ですよ…


デザートのイチゴと洋ナシ(?)のシャルロットは
量も丁度良く、お腹いっぱいでも入ります(笑)


イチゴは甘いし
シャルロットのムースも程よい甘み

食べ過ぎていたので
すっきりとしたデザートはホッとしました(笑)



ここのところ
出来立てを提供されるお宿に泊まることが多かったので
うーんと思うことはあったものの


料理の味は美味しいし
個室でのんびりと会話しながら食べられたので
その辺は問題なしということで


確かに温かい方が美味しいかも?と思うものはあったけれど
最近はサービスレベルを求めすぎてる人も多い気がしなくもないので…



これはこれでありだと思いますよ笑顔


ま、結局ですね
ご飯は美味しく食べられたらそれで良いのですよ(笑)

<<本日の歩数足跡 7765歩>>
 朝食のご飯は温かく
 そしてとっても美味しかったー

 シュウマイがとってもお気に入りドキドキ小

 朝食はすべて写真がぶれぶれすぎて…出せません(苦笑)
 HPの写真と同じものでしたよ



at 21:48│コメント(0)トラックバック(0)

2009年02月26日

さて、まだ続きますよ
「時代屋」さん(笑)


今回は
貸切露天風呂のことなど


今回はJRさんの「びゅう商品」を利用
その際にすでにこれついてました


『貸切露天風呂利用券』温泉


実際は貸切露天風呂…有料なんですね


しかもこの貸切露天風呂

・利用時間が15時~21時

・1組の利用時間は45分


次の方が使用する前に
15分間は清掃をするため

実質、使用できるのは7組


借りる予定であれば
事前に連絡していた方が良いです


私の場合はびゅう商品での予約だったので
お宿の方から事前に連絡をいただけましたが…


この電話がなかったら
…借りることができなかったかもしれない(苦笑)



で、この貸切露天風呂


はっきり言って
すごいですキラキラ


69d30ea9.jpg

6aca876c.jpg

a06d517b.jpg



一部屋を丸ごと潰して
作られたというのが良くわかります


今までの貸切の中で
一番広いんです


休憩のために使用できる部屋が
10畳はあります


ソファも置いてあるし
CDデッキ・CDなんかもあるのですよ

00a8ce7d.jpg


温泉につかりながら…
ジャズやボサノバが聴けますよ譜面


ed2fe1c0.jpg



体を洗うスペースは狭いので
温泉に入るだけの方がのんびりできます

3ce72d5a.jpg



温度はちょっと低めでしたが
長湯には向いているかもしれません


惜しいのが冷蔵庫はあるものの
飲み物が…有料なところかな?


お酒(ビール・ワイン)や
ジュース類が有料なのはいいのだけど…


せめて自由に飲めるお水があると…
さらにうれしかったかもしれないですね汗


ちょっと惜しいと思うところがあったものの


ここまで広い貸切は初めてですし
小さい子供をつれている方たちには
すごく良いかもしれないですよ

<<本日の歩数足跡 8990歩>>


at 22:55│コメント(0)トラックバック(0)

2009年02月25日

今回は『時代屋』さんの
お部屋…かな?

泊まったのが「紺碧彩」という
2Fにあるお部屋でした

aa583300.jpg



お部屋の中は広いけど
設備自体はごく普通かな

だけど部屋が広い分
ゆっくりとくつろげました

TVの場所が難点と言えば難点か?


そういえばクローゼットの中には
半纏とひざ掛けが入ってました

a7a8a9b3.jpg


東北のお宿らしいですね
半纏がウサギ柄でかわいい笑顔

ウサギ大好きドキドキ小


選んだ色浴衣の着付け方法も
部屋にありましたので…

8b324283.jpg


今回はちゃんと一人で着れました(笑)


でもやっぱり・・・
赤系の浴衣が良かったなー



お茶は緑茶だけで
冷蔵庫の中は有料です


前回までの無料って言うのが
良すぎたんだよね(笑)


でも…
無料にしてくれというわがまま言わないから
ほうじ茶が欲しかった…


ま、お茶菓子は用意されていたので
個人的には問題なしですよ笑顔


お茶菓子はかみのやまの温泉宿では
必ずおいているといわれている(らしい)


「中條饅頭」

0e2d2ae0.jpg


このお饅頭が美味しいです
甘さ控えめで数が食べられる…ハート矢

 家のお土産になりました


窓際の2・5~3畳はありそうな広縁には
皮製のソファとリクライニングソファー

f30229ee.jpg
db17caa0.jpg


この両方ともが皮が柔らかく
座り心地がとても良い笑顔


その広縁そばのドアを開けると
そこは洗面所とお風呂でした

洗面所も結構な広さがあります

f09c72c5.jpg


そしてお風呂の方ですが
洗い場もちゃんとあって結構広い

1cfe4638.jpg


やはりこちらも「米屋」さん同様
半露天とはいいつつも明るい内風呂というカンジ



まぁ、この部屋の目の前には
有名なお宿がありますしね


部屋の向きを考えると
そこまでオープンな作りは無理ですよね(笑)



アメニティは最低限ですが
これといって不自由はなしです


最近、POLA製品が置いてあるお宿が多いですね
こちらもPOLA製品でしたよ

9357d175.jpg



温度調節は自分でできるので
好きな温度でゆっくりすることができました





それにしてもなんでしょう…
1月といい2月といい部屋がランクアップするのは(苦笑)

<<本日の歩数足跡 8952歩>>
912ebbcd.jpg

 それでもゆっくり出来るのは
 すごくありがたい…

 びゅうプラザのおじさんの言うこと聞いて
 よかったなーとつくづく思ってみたりした(苦笑)
 


at 22:41│コメント(0)トラックバック(0)

2009年02月24日

かみのやま温泉で宿泊してみたいと思っていたのは
「橋本屋」さんや「月の池」さん

でも今回はそのどちらでもなく
こちらのお宿へ


e1e3dc01.jpg


「彩花亭時代屋」さん

貸切風呂利用券付の部屋と
露天風呂付の部屋とどちらが良いか

びゅうプラザのおじさま(笑)と熟考した結果
貸切露天風呂利用券付の方を選びました




そして今回も1月同様の
ラッキーが待っておりました…



送迎の車では二組しかいませんでしたが
車を降りたらお宿には人がいっぱいでしたよ汗


ちょうどチェックイン時間の15時だったので
ピークに当たっちゃったみたいです(苦笑)


できればこのピーク時間は避けたかった…
もう少し送迎遅らせてもらった方が良かったかな


ちょっとだけ待ったあと
女性限定の色浴衣を選ばせていただきました

609d13eb.jpg


選んだ時は人が多かったので
いいものがなくなっておりましたが
後から見たら…好きな色柄があるー!!


やはり時間はずらした方がよさそう…落ち込み

写真は後から撮ったもの…


選んだ後は喫茶室でお茶をいただきました

4d4446de.jpg


緑茶とそばせんべい

そばせんべいはほんのり蕎麦の甘味を感じる
香ばしいものでした笑顔


少し塩ッけもあるので
好きな人は止まらなくなるかもしれない


こちらでゆっくりした後、
頃合を見てお部屋に案内していただきました


今回宿泊したのは2Fにある

「紺碧彩(こんぺきいろ)」

6cf2cfa1.jpg


そこで驚いたのが
案内された部屋の広さ


ちょっと頭に「?」が浮かぶ…


パンフレットの案内では10畳くらいのお部屋だったはず
どうみても12畳以上はありそう

ec0748b0.jpg


そうしたら…


『今回、ランクアップしたお部屋をご用意させていただきました
 お部屋に半露天もついておりますのでご利用ください笑顔


とのお言葉に
友人ともども一瞬呆ける



ええええっー!!
1月に続き2月もですか!?
キラキラ

前回の友人と今回の友人は
別のことでしたが



ちょっとビックリだけど
こういうのは素直に嬉しい


うれしいけど…こう続くとね…
良いのだろうか?とちょっと恐縮

小心者です…落ち込み

<<本日の歩数足跡 8641歩>>
 ホントに驚きましたよ…


at 21:58│コメント(0)トラックバック(0)
livedoor プロフィール
記事検索
最新コメント